ぶりけな夏日

pinokokko.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

旭岳→MCC新年会

どうしても行きたくって、行きたくって・・・最近、早起きの週末です。

今日も噴煙がもくもく。地獄谷も滑ってみたいなぁ。
f0159270_20455448.jpg

あのお山は何なんかなー?
f0159270_20471735.jpg

リベンジ、盤ノ沢。いい斜面でしたー!
f0159270_20462027.jpg

今日のお仲間。温泉もよかったね~!
f0159270_20463127.jpg

温泉の後は、三笠にダッシュ!夜は、カヌークラブの新年会。
インドネシアから一時帰国中のBB婦人をお迎えして、
生ビールにいつもの一品持ち寄りで、またまた超グルメな大宴会でした。
三笠のおばさまたちは、ほんっと料理上手!
チャンスあらば花嫁修業(?)をさせてもらいたい。
主治医のDr.Kも登場で、膝のいろんな不安をぶつけてきましたっ!

カヌー馬鹿のおじさまたちは、新しいカヌーの話や6月のI-cupの話で盛り上がります。
ついつい話に身を乗り出し口を挟んでてしまう私も、しっかりカヌー娘なんだなぁと実感(笑)
最後は落ちてくるお札を割り箸で掴むという、超々下品な「お札掴みゲーム」まで・・・。
あぁ、ほんとにおバカだぁ・・・。
みんなちょっと変で、でもとっても楽しくって・・・ダイスキな三笠カヌークラブです。
[PR]
by a-cchon | 2009-01-31 00:00 | BackCountry

タイムスリップ ~八甲田Trip 4日目~

あっという間に最終日。今日ももちろん朝からツアーに参加だ。
天気は快晴とはいかなかったけど、ちょっと遠出の「カモシカコース」。
f0159270_2257944.jpg

えへへ。これも自然のアート。f0159270_2345025.jpg

ツアーでは、パフォーマンスをいっぱい見せてくれたスキーヤーがいたり、
おいしい斜面もいっぱいあって、最終日もしっかり楽しませてもらいました♪

楽しかった八甲田にさよならをして、帰路のフェリーに乗るべく八戸に向かった。
フェリーまでにちょっと時間があるから・・・と、前回の八甲田ツアーから注目していた
いくつかのお店に行くことに。

「パティシエさんぷく」のワッフルをGetしたところまではよかったんだけど、
この後、地元のお店を求めて車を走らせたのが大間違い。
大渋滞に巻き込まれた上に、道も間違っていて、
気がつけばフェリー乗り場からどんどん離れていました。
f0159270_2363354.jpg


←焦りすぎて、箱の中で跳ねました(笑)

慌てて引き返すものの、渋滞で全く車は進まなくて、焦る焦る。
結果的には間にあったんだけど、フェリー乗り場に着いたのはなんと出港5分前・・・。
やっぱり今回もギリギリだった・・・。

最近はギリギリでもなんとか間に合うことが分かった私たちは、
「間に合うと思っていたよー」なんて、余裕でワッフルをほおばり、ビールで乾杯する。
・・・そうなんだよね。

八甲田の雪はおもおもだったけど、思い出たっぷりの八甲田Tripのタイムスリップは終了!
えべ子ちゃん、ほんとのほんとにありがとう。また、行こうねー。
でも次は、行動食のパンは少なめにしよぅ・・・。


青森のりんごたっぷりの『パムパムアップル』。おいしかったー。
f0159270_2316253.jpg
[PR]
by a-cchon | 2009-01-29 04:00 | BackCountry

タイムスリップ ~八甲田Trip 青森の工芸品~

f0159270_22252269.jpg
旅行に行くと、その土地その土地の文化に触れるのも、
旅の醍醐味の一つだと思う。

青森の伝統工芸といえば、「こぎん刺し」。
一針一針で創り出される幾何学模様に前々から惹かれていたんだけど、
貴重な麻布を少しでも長持ちさせるために、
刺し子にしたのが始まりだと始めて知った。
その後、女の子の嫁入り道具の1つなって、
キレイなこぎん模様を刺せる女の子は、賢い娘の証だったとか。

本物のこぎん刺しのものには、ちょっと手が出ないけど、
こぎん刺しプリントしたノートをGetしました~。今、人気なんだー。
f0159270_22323574.jpgf0159270_22324911.jpg
これ、こぎん刺し作家のオリジナルデザイン。
毎年、このためにデザインをリニューアルして刺しているのだとか。
表面のエンボス加工もノートの端のこぎん模様もとってもカワイイ。
いつか、自分でも刺してみたいなぁ。

そして、一目惚れして買ってしまった『津軽びいどろ』のぐい飲み。
f0159270_22192396.jpg

日本酒が好きなわけじゃないんだけど、カワイクって思わず衝動買い(笑)
職人さんの手作りならではのぬくもりが感じられる。
紀元前一世紀から受け継がれる「宙吹き」の技法を用いて作られているんだって。

人の心と土地の自然が織り成す工芸品。
やっぱり、手仕事っていいね。
[PR]
by a-cchon | 2009-01-29 03:00 | アート

タイムスリップ ~八甲田Trip 3日目~

「やっと晴れたー!」八甲田入りしてから、初めての青空。
「今日は一日、ツアーだー!」と私たちはやる気マンマン。

またまた、強風のために足止めを喰らっちゃったけど、
待ちに待った青空ツアーとなりました。
雪が多少悪くたって、天気がいいとやっぱり気分も最高~♪
ずっとずっと遭いたかったモンスターくんたちにも、やっと遭えました。
f0159270_855564.jpg

風は強いけど、幻想的な風景が広がっていました。f0159270_861452.jpg

頭上から私を見下ろすモンスターに聞いてみる。
「ねぇモンスターくん。八甲田はなんでこんなに風が強いん?」
「・・・。」
f0159270_8113523.jpg

聳え立つ岩木山がキレイに見えました。
いつか、行ってみたい山の1つ。
f0159270_8101954.jpg

えべ子ちゃん、よかったよねー!
八甲田、大満足の大満喫♪
[PR]
by a-cchon | 2009-01-29 02:00 | BackCountry

タイムスリップ ~八甲田Trip 観光の2日目~

前日の疲れからか、重重パウダーにガッカリしたせいか、なかなか起きられず遅い朝を迎えた。
お雑煮のあったかい朝ご飯で身体をあたためる。
天気もイマイチ、私の膝の調子もイマイチで、そうなったら今日は一日観光なり~♪

えべ子ちゃんリサーチの、津軽鉄道ストーブ汽車に乗って
津軽鉄道 五所川原駅をスタートし津軽中里駅まで往復しました。
ストーブ汽車は、とってもレトロな雰囲気で大興奮の私たち。

ぱちぱちと暖を作ってくれる『だるまストーブ』の上で、するめやおもちを焼きます。
f0159270_035547.jpgf0159270_0165461.jpg

「走れメロス」号と車掌さんの投炭シーン。
f0159270_041690.jpgf0159270_0412172.jpg

駅もとってもいい雰囲気。ほんとうにタイムスリップしたみたい。
『津軽鉄道七不思議』のカワイイ切符も販売中。
f0159270_0303080.jpgf0159270_051765.jpg

駅の構内には、さりげなくこんなアートも。「ガッタンゴットンピ~」のベンチ↓
f0159270_092432.jpgf0159270_093710.jpg

しっかり、テツコの私たち。えへへ、えへへー。
f0159270_015524.jpg


ストーブ汽車を満喫した後は、『立佞武多の館』に。
駅の窓口のお姉さんに「ぜーったいにオススメよ!」とすすめられ、
そこまで言われたら、行くべ行くべー!ということで。時間がギリギリなのはいつものこと。

青森といえば「ねぷた」。ねぷたは、それぞれの街で特色があるみたいだけど、
ここ五所川原のねぷたは、ずーんと縦に立つねぷた。
ねぷた館では、実際に祭りのときに使われているねぷたが展示されていた。
f0159270_0571927.jpgf0159270_0573527.jpg

高さおよそ20m。予想以上の迫力に圧倒される。
これが人の手で作り上げられていると思うと、「スゴイ!」の一言につきる。
精巧に作られた、超巨大な芸術作品だね。夏のねぷた祭りも見てみたいなぁ。
f0159270_1143376.jpg
夕方あたりから太陽が顔を覗かせてきた。
五所川原でちょっとリッチなお寿司の晩御飯を済ませて、
八甲田に戻る車からはまん丸の満月とご対面できた。
星もキラキラ輝いている。
明日は期待できそう!
[PR]
by a-cchon | 2009-01-29 01:00 | BackCountry

タイムスリップ ~八甲田Trip 1日目~

年末からいろいろあってバタバタしてたけど、ようやく一段落。
ちょっとタイムスリップして、思い出の八甲田Tripのことを記しておきます。
****************************************************************************
八甲田Trip 1日目(1/10)

「厳冬期の八甲田も行ってみたいね。連休もここしかない!」
春の楽しかった思い出から、えべ子ちゃんとそんな話になって決めちゃいました。
今回は余裕を持って、4泊5日の大旅行。移動もあるから実際には4泊4日かな。


早朝に上陸した八戸は、なんとなんとの土砂降りの雨だった…。1月なのに。
でも「きっと、八甲田は・・・」なんて希望を捨てずに・・・
アメニモメケズ、ツウコウドメニモマケズ・・・車を走らせるのでした。

いつものギリギリでなんとか八甲田入りしたのに、今度はロープウェイが運行停止中。
ガイドさんによると、八甲田の天気は基本的に「吹雪」で、
それが「そよ風」になるか、「猛吹雪」になるか、なんだって・・・。
で、今日はその基本の吹雪。前日の快晴の画像を見せてもらって、ますます凹む。

1時間ほど待機した後、ようやくロープウェイは運行開始した。さぁ、ツアー開始だ!
でもやっぱり山頂は強風で、雪は水分たっぷりの激重。・・・はぁ。これまた、修行だわ。f0159270_149495.jpg

やっぱり北海道は世界に誇れる雪なんだね・・・。
tonoが言うとおりだったよぉ・・・あらためて実感。
こんな雪にはヒザもシクシク泣く・・・

今日の宿泊は、酸ヶ湯。混浴にもチャレンジ!
f0159270_1474925.jpg

千人風呂で有名な酸ヶ湯は、とってもステキで落ち着く空間でした。
『千と千尋の神隠し』の温泉のような情緒たっぷりの雰囲気。
f0159270_148276.jpgf0159270_14838100.jpg
[PR]
by a-cchon | 2009-01-29 00:00 | BackCountry

あったかいお守り

毎年、この時期になると、だんなのお父さんからお守りが送られてくる。
石切神社のお守りと、達筆な手紙にしたためられたあたたかいコトバ。
「今年こそお守りが効きますように!」
ほんとにあったかいご両親でよかったなぁとつくづく思います。
お父さん、いつもありがとう。
f0159270_2094289.jpg

[PR]
by a-cchon | 2009-01-26 00:00 | いなか

やさしいシャクナゲ岳

池リーダーとKagaさんの下、今日はニセコの山に突入だぁ!
チセからアプローチ、ビーナスの丘を経てシャクナゲ岳を目指しました。
「ビーナスの丘」って、なんてステキなネーミングなんだろう★

青空の下、出発!目指すはあのなめらかな稜線。
f0159270_034422.jpg

前日からしんしんと降り積もった雪は、ふっかふか♪
やさしくやさしく包んでくれるような雪でした~。

Kagaさんのショートターン。かっちょよすぎ!
f0159270_0342147.jpg

池リーダーのエレガントなスキー♪
f0159270_0343363.jpg

笑顔がカワイイOkadaさん。
f0159270_0345459.jpg

そして、ダイスキなえべ子ちゃん。
f0159270_035435.jpg

みんな、思わず笑顔になる、そんな雪でした。

夕陽で桃色に染まる羊蹄山を眺めながら、楽しい思い出を胸に・・・ミルク工房で一日が終了。
f0159270_0352670.jpg

こうして、みんなと過ごせるひと時ひと時をとっても大切に愛しく感じます。ありがとう。
[PR]
by a-cchon | 2009-01-25 00:00 | BackCountry

晴天の日勝峠

昨日は春のようなぽかぽか気候で、平地は雨がじゃんじゃん降りました。

ずっとずっと行きたかった日勝峠。峠はどんな感じかなぁ。
テレ仲間の上司も誘って、鬼せんせいとご一緒させてもらいました。

昨日の天気とは打って変わって、本日は晴天ナリ。
f0159270_031402.jpg

f0159270_0361729.jpg

眼下に広がる十勝平野。すばらしい景色でした。
f0159270_0342075.jpg

でも、風がとっても強かった~。この風紋で風の強さが伝わるかな?
f0159270_0391732.jpg

最近ズングリの私でも、ピークでは吹っ飛んじゃうんじゃないかと思ったよ。
おまけに激寒。行動食のパンもカチカチ。
保温バッグに入れていったおにぎりも、食べている端からカチカチに白くなって…。
後になって、-15℃以下だった聞いた。これぞ厳冬期の北海道。恐るべしだぁ。

日勝峠はオープンバーンで斜度も30°そこそこ。
ちょっとムズカシイ雪質だったけど、登り返して2本。しっかりと楽しませてもらいました。
今度は風がなくて、降り積もったときにリベンジしたいな。

鬼せんせいの後姿。ガンガン漕いでビュンビュン滑って行きました~。
f0159270_0413824.jpg

鬼せんせいみたいに、かっちょよく滑りたいなぁ。

またここに、忘れられない思い出が一つ。
今日も、ありがとう!鬼せんせい!
[PR]
by a-cchon | 2009-01-24 00:00 | BackCountry

非日常な日常

やっと終わったー!所内での卒業発表ゼミを無事に終わらせました。
人前で発表するのは、やっぱり苦手だ・・・。

スッキリ達成感のアフター5(ちょっと古い?)は、ビールで乾杯!
・・・ではなくて、ナイターでコソ練。

地元のローカルスキー場は、メルヘンチックな雰囲気だったし、
今日の穴場ゲレンデは、コソ練にピッタリ!夜景がキレイだ。
f0159270_014410.jpgf0159270_0164848.jpg

世界選手権組はがんばっているかなー?
と思いながら、レース用の板を引っ張り出してみました。

すっかりやる気満々のMott.先輩。
Qちゃん、Mott.先輩はがんばってますよー。証拠写真(Mott.先輩とねぇさん)↑

卒業発表のスライドの1枚。次は課内だ・・・ネタ募集中(涙)
f0159270_0225536.jpg
[PR]
by a-cchon | 2009-01-21 00:00 | テレマーク