ぶりけな夏日

pinokokko.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

バンザイ!ゆりっぺ!

9月から、桂沢ダムの放水がストップするということで
今日は、お世話になった幾春別川のゲートの撤収。
撤収の後は、オリンピックのカヌースラロームの鑑賞会です。

チェコやスロバキアがメッカのスラローム競技。
日本勢は、なかなか出場枠を押さえられずにいましたが、
なんと、今回初の全カテゴリー出場!!!

そして、さらに女子スラロームで初の4位入賞です!
「ゆりっぺ」の愛称で親しまれる、竹下百合子選手。
私も一回だけ、御岳(多摩川)でご一緒させてもらいました。

外人さんに比べると決して派手な漕ぎではないけど、ゆりっぺらしい着実なキャッチ。
コースでの練習はできないけど、男子のレースを見てイメトレをしていたんだって。
イメトレが生きた、素晴らしいパドリングだったと思う。
こんなふうに漕げたらかっこいいね。

ジャンクスポーツにも出演していました↓


とってもザンネンなことに、今回のオリンピックを最後に、
カヌーは野球やソフトボールと同じように、競技からなくなってしまいます。

カヌーはマイナー競技だから、なかなか放送してもらないけど、
今回ゆりっぺが入賞して、スラがちょっと脚光を浴びて、
「カヌーかっこいい!やりたい!」なんて子供たちが増えてくるとウレシイなぁ。
[PR]
by a-cchon | 2008-08-31 00:00 | カヌー

反省の日

今日は、ちょっと反省です・・・。自分の体力の限界を見ました。
自然の中で遊ばせてもらうのには、心構えと責任が必要だとつくづく感じました。
気持ちだけで突っ走っていた私に、神様からの注意の声だったのかな。

チャリはテレマークとは違って、カービングターンは不可能だった・・・(涙)

道なき道を行く・・・。ジャンプも不可能だった・・・。
f0159270_23581456.jpg

エゾ鹿の親子の後ろ姿や、草花が心を癒してくれた。
f0159270_03099.jpg

これからが、また新たなスタートです。
f0159270_055392.jpg

夕日が目と心に染みました。
f0159270_013296.jpg

「元祖カレーラーメン」 意外な組み合わせだけど、おいしかったよ。
f0159270_081139.jpg

「失敗から学ぶ・・・強くなる」上野さんの言葉がこだまする。f0159270_037108.jpg
[PR]
by a-cchon | 2008-08-30 00:00 | チャリ

カナスラ

今回の大会参加の目的の一つは、道内のカヌースラローマーに会うこと。
学生の頃からいっぱいかわいがってもらい、お世話になってきました。
お別れではないけど、しばらく会えないから・・・そんな気持ちで参加です。

カヌーの大会は、早朝スタートです。
受付、検艇、開会式にデモ。どんどん、進んでいきます。

朝が弱い私は、「人間、争っちゃイケナイんだよー。」なんて逃げようとするのですが、
えべ子ちゃんにカツを入れられ、しぶしぶ準備です。
漕ぎたい気持ちと、コワくて逃げ出したい気持ちの葛藤です。

雨が降れば水量は増えるし、晴れた日が続けば水量は減る。自然に密着したこの空知川。
今回は、晴天続きのせいで、水は少なめ。おかげで私は救われました。

「歯を出している写真しか撮れないよ」といつも言われてしまう私。
気がつけば、今日もヘラヘラと笑って漕いでいました。
なんだかんだって、漕ぐとやっぱり楽しいんだもーん♪
三段もパチンコも落ち込みも、なんとか乗り切り、
ゲートも全部通過して2本ともゴール!!!
毎年のことだけど、男子のなかでたった一人の私。
上位は狙えないけど、今年の目標を達成して大満足でした。

午前中でレースが終わった私は、午後からマイクを渡され
えべ子ちゃんと一緒にレースの解説役です。
自分のレースが終わったら、あとは何でもOK!
好き勝手に他人の漕ぎを見ては、「ああしろ。こうしろ。」
「そこは、こうだ!」なんて、自分ができないこともペラペラおしゃべりです。
MCって楽しいねー。

大会はたくさんのスタッフに支えられています。
スタッフ、レスキュアーのみなさま、ありがとうございます。
f0159270_1192277.jpg


かわいい、カヌー発見!これが、CC1です。こんなカヌーだとますます楽しいね。
f0159270_1292677.jpg

オープンカナディアン(OC1)だって、かっこイイ!
f0159270_137452.jpg

「どうだった?」「全部通れた?」ゴール地点では、レースの反省会です。
f0159270_1295350.jpg


ダイスキな三笠カヌークラブの仲間たちと。最近はどの大会も上位独占です!
f0159270_132293.jpg

そして、なんとなんと、今回たった一人だけ、
2本通してペナルティなしの「ノンペナ賞」を貰っちゃいました。自分でもビックリ。
終わりよければ全てよし!今回も調子に乗って、ゴキゲンで終了です。

釧路のおじさま方。いっぱいいっぱい、お世話になりましたー。
ダンナー、私だってやればできるんだよー!

http://kushirorapids.cool.ne.jp/2008canasla/2008canasla.htm
[PR]
by a-cchon | 2008-08-24 00:00 | カヌー

魔物が棲む川

「北海道カナディアンスラローム大会」略して、カナスラ。
今回の大会は、カナディアンカヌーのための大会です。
いつも乗っているカヤックでは参加できないので、
CC1(クローズドカナディアン1人乗り)で挑戦です!

空知川 落合(おちあい)は、平成元年の「北海道はまなす国体」のカヌースラロームコース。
オリンピックコースとは言わないまでも、コースには落ち込みあり、
狭い岩の間を縫って走るテクニカルなコースありで、なかなか簡単には通してもらえません。

「三段」の落ち込み後には、「パチンコ」と呼ばれる難所が。
f0159270_1411560.jpg
「パチンコ」の後は、「渡月の落ち込み」。休むヒマなしのコース。
f0159270_1223764.jpg

「落合には魔物が棲んでいる」と言われるほどで、
ここを漕いだことのある人なら、一度や二度は泣かされているんじゃないのかな。
私も、激流に巻かれ、ウェーブに飲まれ、岩に激突し、今までいっぱい泣かされてきました。

何度となく挑戦してきたこの大会だけど、まともに2本ともゴールできたのは、
たった1回だけ。なので、今回の目標は、完漕して順位をもらうこと。

前日はゲート張りと練習。選手による、選手のための大会です。
まだまだ夏だと思っていたのに、落合はすっかり秋。息も真っ白です。
苦手な川に、思うように漕げないカナディアン。
それに、寒さも加わって私の気持ちはナエナエ・・・。

でも、そんなことは言っていられない・・・!
自らを奮い立たせて、ひとたびカヌーに乗り込むと、寒さなんかどっかに飛んでいっちゃいました。
気がつけば、何度もコースを行ったり来たり、気持ちはもうゴールラインです。
逆流をど真ん中から受けて撃沈したり、落ち込みを後ろ向きで叫びながら下ったり。
一通りのコワいことを体験して、今日の練習は終了しました。

毎年毎年、楽しい時間を過ごしました。どんころの自炊棟と五右衛門風呂。
バイバイ。しばらくお別れだね。
f0159270_1175982.jpgf0159270_1174979.jpg

ダンナからも大分の夕日の画像とともに応援メールが届きましたー。
f0159270_145271.jpg

さてさて、明日のレースはどうなるのかなー。


このカヌーとも長年のお付き合い。
明日もよろしくね。f0159270_2372775.jpg
[PR]
by a-cchon | 2008-08-23 00:00 | カヌー

なみだのお別れ

今日は朝から胸がいっぱい。
ダイスキな憧れの先輩と仕事ができる最後の日。

他の人がすぐに仕事を始められるようにと、
いつもちょっと早めに出勤して準備をするような,
さりげない気遣いができる人でした。
そんな先輩のようになりたくて、競うように早く出勤した私。
誕生日には手作りのケーキをプレゼントし、仕事でも飲み会でも熱い視線を送り、
半分おっかけのようでした(笑)

仕事に対する姿勢が似ていたのか
一緒に仕事をしているわけではないのに、
私が仕事で悩んでいるときには、なんとなく感じ取ってくれて
そっと優しい言葉をかけてくれた先輩。
仕事のこともプライベートなことも、いっぱい話したように思う。
いつも冷静で、毒舌で。でも、優しさがあって。
そんな先輩が憧れでした。

「バイバイ。がんばってね。」そんな言葉を最後にお別れでした。
気がつけば、涙なみだ。

先輩みたいな社会人になりたい。
会社に入って、そう思える人に出会えた私は本当に幸せです。
今度は、私が先輩のようになれるように、
あと半年、私にできることを精一杯やっていくつもり。

週明けも、先輩とこんな会話がしたかったなー。

あ「・・・飲み会のときは、絡んでスミマセンでした・・・。」
先「いいよ、いいよー!・・・いつものことだから~(笑)」

先輩、元気なBabyの誕生を楽しみにしていますー!
[PR]
by a-cchon | 2008-08-22 00:00 | 仕事

誘惑

本州から北海道に帰ってくると,ビックリするほど涼しくなっている。
本州はあんなに暑かったのに・・・。

喉に骨が刺さっているような不快感。飲み込むのも辛いし,しゃべりにくい。
2,3日前から喉が痛い。なんとなく気になってはいたけど,
気温の変化かな・・・なんて、ごまかしていました。
でも,ついに,夜も眠れないほどの痛さに達し,病院に行くことに。

「急性扁桃腺炎ですねー。これから,熱が出るかもしれませんね。」と言われ,ガックリ。
「おとなしくしておいた方がいいのですよね?」
「飲み会には行かない方が,いいのですよね?」
「一日も早く直したいんですけど・・・」なんて,質問攻めの私。
「薬を飲めば3,4日でよくなるけど,早く直したいなら強力な注射を打ちますよ。」と言われ,
私はもちろん即答。「打ってください!」

仲良し上司が明日からいないから,仕事ははずせないし,週末はカヌーの大会。
体調不良なんて,言ってられない。それまでには,回復したい。

点滴の針を打ちながら「若いですねー。」と先生に言われ,無条件にニッコリしてしまう。
後で考えてみたら,何を見て「若い」と言ったのだろう・・・?・・・血管?
なんて疑問に思ったけど,まあいっかな。

午後になったら,薬が効いてきたのか,元気になってきた。
仕事を終えて帰ろうとしているときに,
「飲みに誘おうと思っていたんだけど・・・」とmotti先輩が,
駅近くにオープンしたばかりの居酒屋のチラシをピラピラしながら寄ってきた。
あ,私も見た。そうだ,今日から3日間全品半額だったんだ・・・。なまら行きたい。
飲み込むのは辛いけど,熱はないし食欲もある。誘惑に弱い私。
「お酒は飲まない」と心に決めて,motti先輩とながみーとお食事に出かけるのでした。

神様、これは普段の行いではないですよぉ・・・
f0159270_2354697.jpg
北海道のダイスキな夏の風景の一つ。
[PR]
by a-cchon | 2008-08-20 00:00 | おいしいもの

畜産な日々

懐かしくなって、よしやんが作ってくれたアルバムを引っ張り出してきました。
あれから、7年。早いものです。
f0159270_141725.jpg
サラブレッドもいました。
f0159270_143255.jpg
愉快な仲間たち。
f0159270_145350.jpg
こんなこともしたね。
f0159270_185468.jpg
夕暮れの牧場。
f0159270_15296.jpg
ステキなアルバムだね。かけがえのない日々でした。
[PR]
by a-cchon | 2008-08-18 00:00

幸せな日

新幹線の車窓から田園風景を見ながら、神戸に向かいます。
いつもはきったない格好の私だけど、今日はちょっぴりオシャレして、これから結婚式です。
でも、腕には先週のチャリの日焼けの後がクッキリ残っているんだけどね。

学生生活をともに過ごした仲間が、めでたくゴールイン★
本当にウレシイウレシイ結婚式でした。
f0159270_0303538.jpg
久しぶりにの畜産のクラスメイトが集まり、楽しい結婚式でもありました。
卒業以来だから・・・3年か5年ぶり!
でも、みんな全然変わってなくて、なんかほっとした。久しぶりな感じもしない。
当時のままで、思い出話や暴露話、近況報告で盛り上がりました。
やっぱり同期っていいね。最高!
f0159270_0333157.jpg

新郎のよしやんは、写真を撮るのがスキで、
牧場実習のときの写真を、アルバムにしてくれたよね。
そういえば、当時から、新婦の画像が多かったような。

クラスメイトの心あたたまる挨拶。
みんなのメッセージと、よしやんが当時撮った画像を合わせて
作ったスライドショー。よかったなぁ。

当時は全くそんな風には思っていなかったけど、
こうして今、あの時の仲間と共に、あの時の画像を見ていると、
かけがえのない学生生活だったんだなぁ、とあらためて思いました。
そして、きっとみんな同じ気持ちなんだと思う。もちろん、新郎新婦も。

牧場実習。お揃いのつなぎ。実習に実験の毎日。
ブタ当番。ハム・ソーセージ作り。乳製品もいっぱい作ったなぁ。
学科のジンパ、新歓に追いコン。畜部屋。・・・いろんなことが思い出されます。
人数が少なかった分、仲良しだった畜産ズ。

今日も日付が変わるまで、楽しいおしゃべりは続きます。

よしやん&がっきー、結婚おめでとう!!!
f0159270_0362689.jpg

このケーキ、スゴイ!
北海道の形をしてて、白黒のホルスタイン模様。
真ん中には、しっかりハートマーク!
こんなところにも、畜産に根付いているお二人でした。
[PR]
by a-cchon | 2008-08-17 00:00

アートな日

竹喬(ちっきょ)美術館に行ってきました。小野竹喬は笠岡出身の日本画家です。
私は日本画がスキです。東山魁夷、平山郁夫なんか特にスキです。
両親のススメで、今回、竹喬さんの絵を初めて観に行きました。
やさしいタッチで鮮かな色使いがステキでした。(笠岡市公式HPより。)
f0159270_23455941.jpg

普段なら見逃してしまうものでも、絵描きの手にかかれば命の灯がそっと吹き込まれる。
一つ一つのモノや景色をじっと見つめてみると、それぞれが愛しい存在なのではないか、
・・・そんな気がしました。
最近はデジカメという便利なモノが登場してじっくりとモノを見ることも
少なくなっているのかな、と思います。
という私もデジカメに頼りっ放しなんですけどね・・・。

魁夷画伯の絵。有名な「緑響く」
f0159270_045690.jpg

美術館に行くと、すぐに感化されてしまう私。絵を描きたいなぁ…と思います。
いつか、山に登れなくなったら、人のココロに染み入るような山や森の絵を描きたいな。

あっちょん画伯の絵。自然はアートでいっぱい。
f0159270_092414.jpg
[PR]
by a-cchon | 2008-08-16 00:00 | いなか

アートなおっちゃん発信

f0159270_019719.jpgそしてもう一人、私の近くにアートな人がいます。
あったかい雰囲気がダイスキな、おじです。
おっちゃんは、木工を趣味にしていて、
物置にろくろや旋盤を置いた工房にこもっては、
次々と作品を生み出します。
おもにろくろを回して、作っています。

そして、そんなおっちゃんに影響されたのが、私の父。
私が小さい頃は、2人でお弁当を持って
「木工センター」に通いました。
親子で木屑にまみれながら、真剣にいろんなものを作ったなぁ。
そんな影響で、私も木工がスキです。
f0159270_055789.jpg

数年前、おっちゃんに教わって作りました↑あっちょん作。
ろくろで作って、仕上げは漆塗り(左)。
サラダを盛ったり、丼ものに使ったり、おつまみを入れたり。なんだってOK。

父は、家を建てるときに、床板や床の間の板を自分で探して集めてきました。
そうしてできた我が家には、とっても思い入れがあります。ちなみに、愛犬の名前は木(モク)。
f0159270_0523764.jpgf0159270_051427.jpg

木はあったかくて、ステキです。そして、生きています。
自分で作っても、なかなか思い通りにできないのも、また魅力的。
使い込むほどに馴染んできて、イイあじがでてきます。
まだまだ、やりたいことがいっぱいいっぱいある!
[PR]
by a-cchon | 2008-08-16 00:00 | いなか