ぶりけな夏日

pinokokko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いなか( 6 )

実家での~んびり♪

久しぶりに実家でゆっくりとした時間を過ごしています。

ここでも見事な枝垂れ桜。そして、お茶室でお茶タイム。
掛け軸は私の安全を祈って「無事」だとか…Momの愛情です。でも…ワタシ、ヨメマセン…。
f0159270_2124588.jpgf0159270_20574921.jpg

親子で近所の山を散策。おちゃめなのはMomです。収穫した山菜は晩ご飯だ!
f0159270_2161814.jpgf0159270_2163417.jpg

家の近所で見つけた一面のスミレ畑!夕日に照らされて、カワイイ!
f0159270_2054179.jpg

たまには、実家もいいねぇ。
[PR]
by a-cchon | 2009-04-12 21:13 | いなか

あったかいお守り

毎年、この時期になると、だんなのお父さんからお守りが送られてくる。
石切神社のお守りと、達筆な手紙にしたためられたあたたかいコトバ。
「今年こそお守りが効きますように!」
ほんとにあったかいご両親でよかったなぁとつくづく思います。
お父さん、いつもありがとう。
f0159270_2094289.jpg

[PR]
by a-cchon | 2009-01-26 00:00 | いなか

あけまして

f0159270_1318558.jpg

おめでとうございます!
2009年が明けました。

今朝は早起きして、6人と1匹で初日の出を見に行ってきました。
晴れのくに岡山ですが、珍しく雪がちらつく年明けとなりました。

冷えたカラダをあっためるMomのお雑煮は、やっぱりピカイチ。
広島風お雑煮は、鶏肉でとった出汁のしょうゆ味。
丸モチに鶏肉やぶりが入ったお雑煮を食べると、ほっとします。

さあ、次は因島に上陸だー!

今年もよろしくお願いします!
[PR]
by a-cchon | 2009-01-01 22:23 | いなか

年の瀬

f0159270_13271954.jpg

寄島の牡蠣に母親伝授の巻き寿司。
ダンナとのちゃりんこピクニックに蔵王山へのハイキング。
両親と姉夫婦の6人で過ごす初めての年末は、
のんびりしていて、おなかいっぱいで、
…これはこれでいいものです。


2008年もいよいよ終わり。
楽しい思い出
いっぱいいっぱい…
ありがとう!
[PR]
by a-cchon | 2008-12-31 23:33 | いなか

アートな日

竹喬(ちっきょ)美術館に行ってきました。小野竹喬は笠岡出身の日本画家です。
私は日本画がスキです。東山魁夷、平山郁夫なんか特にスキです。
両親のススメで、今回、竹喬さんの絵を初めて観に行きました。
やさしいタッチで鮮かな色使いがステキでした。(笠岡市公式HPより。)
f0159270_23455941.jpg

普段なら見逃してしまうものでも、絵描きの手にかかれば命の灯がそっと吹き込まれる。
一つ一つのモノや景色をじっと見つめてみると、それぞれが愛しい存在なのではないか、
・・・そんな気がしました。
最近はデジカメという便利なモノが登場してじっくりとモノを見ることも
少なくなっているのかな、と思います。
という私もデジカメに頼りっ放しなんですけどね・・・。

魁夷画伯の絵。有名な「緑響く」
f0159270_045690.jpg

美術館に行くと、すぐに感化されてしまう私。絵を描きたいなぁ…と思います。
いつか、山に登れなくなったら、人のココロに染み入るような山や森の絵を描きたいな。

あっちょん画伯の絵。自然はアートでいっぱい。
f0159270_092414.jpg
[PR]
by a-cchon | 2008-08-16 00:00 | いなか

アートなおっちゃん発信

f0159270_019719.jpgそしてもう一人、私の近くにアートな人がいます。
あったかい雰囲気がダイスキな、おじです。
おっちゃんは、木工を趣味にしていて、
物置にろくろや旋盤を置いた工房にこもっては、
次々と作品を生み出します。
おもにろくろを回して、作っています。

そして、そんなおっちゃんに影響されたのが、私の父。
私が小さい頃は、2人でお弁当を持って
「木工センター」に通いました。
親子で木屑にまみれながら、真剣にいろんなものを作ったなぁ。
そんな影響で、私も木工がスキです。
f0159270_055789.jpg

数年前、おっちゃんに教わって作りました↑あっちょん作。
ろくろで作って、仕上げは漆塗り(左)。
サラダを盛ったり、丼ものに使ったり、おつまみを入れたり。なんだってOK。

父は、家を建てるときに、床板や床の間の板を自分で探して集めてきました。
そうしてできた我が家には、とっても思い入れがあります。ちなみに、愛犬の名前は木(モク)。
f0159270_0523764.jpgf0159270_051427.jpg

木はあったかくて、ステキです。そして、生きています。
自分で作っても、なかなか思い通りにできないのも、また魅力的。
使い込むほどに馴染んできて、イイあじがでてきます。
まだまだ、やりたいことがいっぱいいっぱいある!
[PR]
by a-cchon | 2008-08-16 00:00 | いなか